せふれの品格の様な恋がしたいならH出会いのできるサイト情報をご説明

セフレを作る方法

セックスフレンドを作るには、出会い系サイトを使うのがいちばんです。けれども、どの男性にも、登録してまずぶつかる壁があります。それが、「援交目当ての女性の多さ」です。出会い系サイトの掲示板を覗いてみればわかりますが、そこに書き込みをしている女性の八割から九割が、なんと援助交際目当てなんですね。セックスしてあげるからお金ちょうだい、そういう女性ばかりなのです。たとえば「穂別②」「サポ」「条件あり」「お願いあり」などが、援交相手を募集する書き込みです。

そういった女性らに、無料のセックスを申し込んでも、まず相手にされません。よって男性らは、その膨大な書き込みの中から、お金目当てでない女性を探す作業に入るのですが、これが中々見つからない。もし見つかったとしても、その女性のところには大量のアプローチメールが届いているはずなので、競争率が高すぎて、返信の来る確率は非常に低いと予想されます。

ここでにっちもさっちもいかなくなって、諦めて、出会い系サイトを使わなくなってしまう男性も多いでしょう。しかし、そこで諦めてしまうのはもったいない。セフレを作る最も有効な方法は、セフレを探さないことにあるのです。

セフレを探さない、とは?

セックスフレンドを作ろうというのに、セックスフレンドを探さないとは、いったいどういうことなのか。考えていただきたいのは、まずひとつ、セックスは「会ってからでないとできない」ということです。たとえば、お金目当てでない女性に連絡をして、運良く返信をもらえたとします。けれども、セックスというのは、会ってみてその人の「感じ」がわかるまで、実際にするかどうかは判断しかねるものなのです。

もしあなたが、その女性にとって生理的嫌悪を催す容姿をしていれば、いくらメールで約束をしていたとしても、セックスさせてもらえることはありません。それはあなたも同じでしょう。女性の実際の容姿で、セックスするかどうかの判断をつけるはずです。このように、セックスすることをサイトの段階で確約してもらうのは、実は重要ではないんですね。従って、効率の悪いやり方で、しかも不確実な、「お金目当てでない女性」を探すよりも、とりあえずは会ってくれそうな、「友達探しをしている子」に連絡をとったほうが、セフレを作るには有効だといえるのです。

会わないことには始まりません。とりあえずは、エッチ目的でない子でもいいので、会ってみること。そこでデートをうんと盛り上げて、相手をその気にさせること。それが出会い系を使ったセフレを作り方であり、最も成功率の高い方法なのです。